前へ
次へ

歯医者での治療も医療進歩を実感します

歯医者で治療を受ける度に医療の進歩を実感します。
一昔前は奥歯の治療は患者の立場からも何となく不安でした。
わたしは口があまり大きくなくて大きく開くこともできません。
一生懸命口を開いているつもりですがいつも医者が指で口の端をググッと広げたり、口を広げる器具を使われたり苦しい思いをしていました。
だけど最近は医療技術が進歩して小さなカメラのような物を口の中に入れるだけで患部が見えるようになったんです。
治療する場所が親知らずでもどこでも先生が口の中をのぞき込むなんてことはありません。
口の中に小型カメラをサッと入れて患部をいろんな方向から確認します。
そして撮影が必要な角度になるとそのカメラを固定してアシスタントに指示。
あっという間にわたしが治療すべき歯とその周りの撮影ができるのです。
医師はその画像を見ながら治療法を決めます。
治療するときも小型カメラで確認するので吐きそうなほど指を入れられることがなくラクになりました。

Page Top